ノブレポ

主にゲームなどの娯楽関連の記事を書いていきます。

MENU

【eスポーツ】プロゲーマーとは?稼げるの?【プロライセンス】

f:id:nov6699:20180129215024j:plain

※2/4 加筆修正(プロライセンス制度について)

みなさん、こんばんは!
最近『eスポーツ』『プロゲーマー』って言葉よく耳にしませんか?
地上波で特集が組まれたりして、少しずつですが世間に認知されてきています。

僕が好きな格闘ゲームでも、最近若いプロゲーマーが続々と誕生しています。
そこで今日は、プロゲーマーとはいったい何なのか?稼げるのか?どんな人がいるのか?などをまとめていきます!

 

プロゲーマーの定義

プロゲーマーは他のプロスポーツ選手のようなプロリーグなどがあるわけではありません。
なので、プロテストやプロライセンスがなく、こうなればプロ!というはっきりとした定義がありません

2/1に一般社団法人 日本eスポーツ連合(JeSU)の設立発表と共にプロライセンスについての発表がありました。詳細はこちら|日本eスポーツ連合(JeSU)

このプロライセンスがないからといってプロではないとは個人的には思いません。
個人的には、企業からお金をもらって大会にでたりして、企業の広告塔として活躍されている方はプロゲーマーだと思います。

プロライセンス制度について

2/1に日本eスポーツ連合からプロライセンスについての発表がありました。

何のためのプロライセンス制度?

主に賞金関連ですかね。

プロライセンスをもつ人には高額な賞金の提供が可能になるようです。

プロライセンスを保持していない場合は、賞金の上限が設定されるようです。

2月にプロライセンスを持っている人達のみが出場する高額賞金付き大会が行われます。

ストリートファイター5 闘会議2018

プロライセンス発行後初の大会なのでお披露目会的なところもあるのでしょうが、プロラセインス持ちしか出場できないのは、個人的に寂しいですね。

無名でもプロ並みに強い人がゴロゴロいるのが格闘ゲームの魅力の一つでもありますからね。

プロライセンス制度はどうすればもらえるの?

・当連合公認大会において公認タイトルの競技で優秀な成績を収めること。

今の所プロテストみたいなものはなく大会で活躍して、連合から声がかかるのを待つしかなさそうですね。

プロライセンス制度を持ってるからって、お金がもらえるわけではないので、結局スポンサーがついたりしないと飯は食えなさそうです。

今回発表された21名のプロライセンス保持者は「実績保有者へのライセンス発行」という例外的ライセンスの発行によるものです。

プロゲーマーは稼げるのか?

企業からスポンサードを受けている人でも、その内容は様々です。

固定給があるパターン

この人達は、サラリーマンのように毎月固定給があり、さらに大会で優勝したりすればその分上乗せされるので十分生活していけると思います。
最近は、本を出版されている方もいらっしゃいますね。

遠征費等のサポートのみのパターン

賞金つきの大会の多くは、海外で開かれます。
その際の、遠征費等の金銭的サポートのみを受けているパターンです。
この人達は、これだけで生活していくのは厳しいと思います。
(大会で活躍しまくって、賞金をもらいまくれば生活していくことも可能ですが、現実的ではありません。)

どうすればスポンサーがつくの?

とにかく実績を作る!

これが一番の近道だと思います。
EVOなどの大きい大会で活躍すれば、企業の方からお声がかかるのではないでしょうか?

他のプロゲーマーには無い武器を持つ!

例えば、ビジュアルが良ければ大きな武器になるでしょう。
プロゲーマーの仕事は、大会で活躍することだけではなく、テレビなどのメディアに露出して、ゲーマーでない方にもゲームの楽しさを伝え、eスポーツを普及していくことも大切です!
やはり、テレビなどに出演するときに、ビジュアルがいい人の方が一般受けしますからね。
最近は女性プロゲーマーの方も増えてきて、とてもいい傾向だと思います。

プロゲーマー紹介

テレビにも出演されている超有名所から、若手のプロゲーマーまで、数名紹介していきます。

梅原大吾(Twitchグローバルアンバサダー| Red Bullアスリート|HyperXアスリート|Cygames)

f:id:nov6699:20180129192433j:plain

格闘ゲームのプロゲーマーのパイオニアです。

この人がいなければ、今の格闘ゲーマープロ化の流れは間違いなくなかったでしょう。

まさにリビングレジェンド(生ける伝説)です。

稼ぎも間違いなくプロ格闘ゲーマーで断トツで一番でしょう。

ゲームの実力や実績は文句なしですし、意外と!?トークがおもしろいw

多くの著書を執筆しており、ゲーマーでなくともかなりためになる内容で、各方面から高い評価を得ています。

ときど(Echo Fox)

f:id:nov6699:20180129192451j:plain

昨年のEVOを制した、東大卒プロゲーマーです。

ゲームの実力・実績共に申し分なく、東大卒という肩書きが一般受けしやすい+興味を引きやすいので各メディアに引っ張りだことなっています。

個人的に、一番好きなプロゲーマーです。

ゲームに対する姿勢・人柄の良さ・東大卒なのに偉そうじゃない所などが素晴らしいです!

著書も執筆しておられ、ときどさんのゲームに対する熱い想いや、東大を卒業してまで何故プロゲーマーの道を選んだのかなどが語られており、とても満足できる内容でした。

f:id:nov6699:20180129192505p:plain

世界初!?の夫婦でプロ格闘ゲーマーです。

夫婦で㈱忍ismという会社を立ち上げて、各種イベントの企画制作・運営や若手育成などに力を入れています。

若手育成は、eスポーツ発展のために無くてはならない事ですので、とても素晴らしいことだと思います。

夫婦でプロゲーマーというフレーズが一般受けするので、メディアに頻繁に取り上げられています。

 

どぐら(CYCLOPS)

f:id:nov6699:20180129192549j:plain

関西を拠点にするプロゲーミングチームCYCLOPSからスポンサードを受けているプロゲーマーです。

有名なプロゲーマーのほとんどが、関東を拠点として活躍されているので、是非とも関西をもっと盛り上げていただきたいです!

ゲームの実力・実績もさることながら、関西人らしいトークスキルは必聴!!です。

たぬかな(CYCLOPS|Red Bullアスリート)

f:id:nov6699:20180129192826j:plain

どぐらさんと同じく関西を拠点にするプロゲーミングチームCYCLOPSの一員の女性プロゲーマーです。

鉄拳というゲームのかなりの実力者でありながら、そのビジュアルに魅了されているファンが後を絶ちません。

海外にもファンがすごく多く、写真撮影では毎回長蛇の列ができるようです。

2018年1月27日に、日本で3人目・女性で初めてのレッドブルアスリートになられました!

はつめ(株式会社コンプ)

f:id:nov6699:20180129192854j:plain

株式会社コンプよりスポンサードを受ける女性プロゲーマーです。

若さとビジュアルでファンを着々と増やしています。

年齢は18歳とまだまだ若いので、実力・実績は今後に期待ですね!

株式会社コンプは、ヒトが生きるのに必要なすべての栄養素を、理想的に補える「完全食」を製造販売する会社です。

ゲーマーは、ゲームをやりだすとご飯も食べずにひたすらゲームをやってしまう生き物なので、この「完全食」はゲーマーにこそ必要なものではないでしょうか?

ネモ(ALIENWARE)

f:id:nov6699:20180129193732j:plain

ALIENWAREとはあの有名なDELL(デル)のゲーミングPC部門です。

スクウェア・エニックスでサラリーマンとして働きながら、プロゲーマーとしての活動をされています。

サラリーマンしながらだと時間取れないだろうし、そんな活躍できないのでは?

と普通は思うのですが、ネモさんは実力・実績共に申し分なし!

まさに、サラリーマンの希望の星です。

まとめ

プロゲーマーが今後どうなっていくのかは、最近話題のeスポーツがどこまで盛り上がりを見せるかにかなり懸かっていると思います。

噂では、eスポーツがオリンピック競技になる可能性もあるようです。

正式種目として選ばれれば、間違いなく2018年は、プロゲーマーにとってさらなる飛躍の年になるでしょう。

今後の動向から目が離せませんね!

以上!